申し込み方法によってはバンクイックカード到着までに日数がかかる

三菱東京UFJ銀行が必ず近くにある、というわけではありませんね。
メガバンクになりますので都内であれば近隣にはかなりの三菱東京UFJ銀行があるでしょう。
ところが一歩地方に向かえば三菱東京UFJ銀行はそうそう多くあるものではありません。
即日キャッシングができる方法としてテレビ窓口がバンクイックには用意されていますが、それが活用できないこともあるはずです。

 

テレビ窓口が利用できないのであればそれ以外の申し込み方法を使うしかありません。
ところがそれ以外の申し込み方法の場合にはバンクイックを利用するために最重要となるバンクイックカードの到着までに日数がかかります。
公式で日数を発表はしていないものの、利用者の口コミを見てみると通常1週間はかかることが多くなっており、土日祝日を挟んだ場合には10日はかかることも珍しくはないと言います。
テレビ窓口という即日融資が可能となる場所がありながらそのほかの申し込み方法では時間がかかってしまいます。

 

バンクイックはキャッシングカードが無ければ利用することができませんので必ずこのバンクイックカードが必要です。
キャッシングを急いでいる、しかし近くに三菱東京UFJ銀行店舗がない、その場合にはバンクイックの利用は難しいでしょう。
融資までに時間がかかって問題ないのであればほかの申し込み方法でも充分かとは思いますが、どうしても今日でなければならない融資を考えているのであればバンクイックはむいていません。
参照サイト:銀行でお金を借りる心得

ファミリーマートでも!バンクイックはatm利用手数料無料

バンクイックカードが無ければバンクイックを利用することができませんが、それは利用手段がatmだけとなるからです。
三菱東京UFJ銀行だけではなく、ファミリーマートやローソンなどの主要コンビニに設置されているatmでも利用することができます。
atmを利用するときにはどんなことを優先した考えますか?
もちろん近隣にあること、都合に合わせて利用することができる場所にあるものでしょう。
これから駅に向かうのであればその道筋上にあれば便利になりますし、引き返さなくてはならない場所にあるのであれば後回しになるものです。

 

そうなると時間がかかるのは当然のこと。
利用するには自分にとって都合の良い場所にあるatmが必然的に多くなるものです。

 

そしてもう一つ。
同じ道のりにatmがあったとして、片方が利用手数料がかかりもう片方がatm利用手数料が無料であるならばどうでしょうか。
もちろんatm利用手数料が無料になる方を利用するでしょう。
同じ道のりにあるのであれ当然の選択です。

 

バンクイックはすべてのatmが利用手数料がかかりません。
どこで利用しても同じように無料になるわけです。
手数料は馬鹿にできない金額になることもあります。
月に借り入れと返済を何度も利用することはそうそうあるものではありませんが、返済額以外にかかる手数料はできる限り抑えておきたいものです。
そうなるとatm利用手数料が無料になるバンクイックはメリットがあると言えるでしょう。

振込キャッシングも振込返済もできないバンクイック

atmは利用手数料が無料にはなりますが振込みキャッシングにも振込返済にも対応していないのがバンクイックのデメリットになります。
今では借り入れも返済も振り込みができるのが主流となっており多くの消費者金融ではその方法を使っています。
それができないのはバンクイックのマイナス要素にもなりかねません。

 

現金を用意しなくてはならないキャッシングの方が多くなります。
確かにそうでしょう。
しかしそれだけではないキャッシングの理由もあるはずです。
口座に残高が必要、そのためのキャッシングもあるはずです。
引き落としのための残高が足りない、振込のための残高が足りない、そんなときのキャッシングもあるでしょう。
振込キャッシングができればいつでも口座に残高をプラスすることができます。
しかし、バンクイックでは振込キャッシングに対応していませんのでatmに足を運んでから口座に入金するという手間が必要になります。

 

また、返済も口座引き落とし以外の方法としてはatmからの返済しかありませんのでその時にもatmには足を運ぶ必要があります。
借り入れにも返済にも必ず手間がかかる、それがバンクイックでもあります。
口座引き落としは三菱東京UFJ銀行口座を持っていなくてはなりませんのでそれ以外では利用することができません。

 

atm利用手数料が無料、その逆として足を運ぶ必要がある、これを天秤にかけなくてはなりません。
メリットとデメリットは背中合わせ、考えなくてはならないことです。